ハイドロキノンで美白効果バッチリ【化粧品は成分で選びましょう】

肌荒れ改善に役立つ洗顔

ソープ

低刺激な洗顔料を使う

肌の毛穴が詰まりそこにアクネ菌が繁殖してしまうとにきびができてしまいます。大元の原因である毛穴詰まりを防ぐということが、にきびを早く治すのに重要なポイントです。そのために重要なのが洗顔ですが、洗顔料には様々な種類があります。洗顔フォームなどは、泡立ちを良くしたり汚れを落ちを良くするために合成界面活性剤が使用されています。皮脂を根こそぎ奪って肌を乾燥させたり、肌の刺激となってしまいますから、にきび悪化にもつながります。一番向いている洗顔料が石鹸で、特にシンプルな成分でできているものは低刺激ですから、にきびを悪化させる心配もありません。洗顔石鹸は毛穴汚れをしっかりと落としてくれますし、肌に優しく不要な汚れのみを取り去って、必要な皮脂を残してくれます。

効果的な洗顔方法

肌に刺激が加わってしまうと今あるにきびが炎症を起こしたり、新たなにきびを作る原因にもなります。そのため、洗顔をする時には、極力刺激を加えないというのを意識して行いましょう。洗顔石鹸は泡が命ですから、たっぷりと濃密な泡を作るのが基本です。手だけで泡立てしにくければ、泡立てネットなどを使うと短時間で泡が作れます。これを皮脂の多い部分から肌に乗せていき、こすらず泡をクッションとして洗いましょう。また、すすぎは丁寧に行うようにして、洗顔石鹸が肌に残らないようにするのが大切です。洗浄成分が肌に残ってしまうと乾燥や色素沈着を招いてしまいますから、すすぎは徹底して行うようにしましょう。また、最適な温度は32度ですから、これより高くなり過ぎないようにするのも重要です。