ハイドロキノンで美白効果バッチリ【化粧品は成分で選びましょう】

乾燥しない肌になる方法

笑顔の女性

保湿効果の高い化粧水

肌の水分と油分の両方が不足している乾燥肌は、スキンケアでこれらをしっかりと補ってあげるのが効果的です。スキンケアの一番最初に使うのが化粧水で、水分をたっぷりと与えることができます。とろみのあるタイプの化粧水だと肌が潤うイメージがありますが、とろみと保湿成分はまた別物ですから、しっかりと成分をチェックして選ぶのが大切です。定番のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどは高保湿で化粧水の水分を閉じ込めるのに有効ですから、乾燥肌には向いています。また、付ける時にはこすらず力を入れすぎず、丁寧に細部まで浸透させるように付けましょう。化粧水はスキンケアの基本でもありますから、洗顔後には水分が蒸発しなうちに素早く付けるようにして、角質層をみずみずしく保ちましょう。

栄養分と油分を補う

水分や油分が少なくかさいついてる乾燥肌は、潤いを閉じ込める力が弱くなっています。そのため、スキンケアでこれをサポートしてくれる成分を取りれることで、乾燥しにくい潤い肌へと変化してきます。これに最適なのが美容液で、美容成分がぎっしりと詰まっていますから、肌にたっぷりと栄養を与えることができます。特にセラミドは脂溶性タイプのものだと効果も高くなりますから、美容液で取り入れることでバリア機能をサポートしてくれて、乾燥肌改善に役立ちます。また、皮脂の分泌が少ない乾燥肌はしっかりと乳液やクリームで、油分も補ってあげましょう。皮脂の代わりに油膜を表面に張ってくれて、外部刺激から肌を守ったり潤いをキープしやすくなります。